美観はそのままに滑りにくい床石、実現します。
業界初の安心・安全な中性滑り止め剤。

濡れた床への不安もSGSでスッキリ解決!

SGS(スリップ・ガード・システム)とは、大理石や御影石、セラミックタイルなどの素材の美観を生かしたままで滑り止め処理を施します。 滑りの要因である「水の力」と、6万から10万個の小さな穴が生み出す「吸盤力」を利用することで、 驚くほど抵抗力を増大させることができるという魔法のような特殊施工技術です。

雨の日に滑りやすいマンション・商業施設・スーパーマーケット・アミューズメント施設などのエントランスや駅のコンコースはもちろん、素足で歩くような浴室・プールサイドなどでもお使い頂くことができます。 また、シャンプー・石鹸カス・洗い流した体の脂やヌメリによって滑りやすくなっている場所にも効果的で、 スーパー銭湯・旅館・ホテル・老人介護施設・病院などの温浴施設にも最適です。
SGSは、施設を利用する方々を転倒事故の危険から守り、「快適で安全な歩行空間」を提供するための施工方法です。 導入施設の管理者の方にも、利用者の方々にも必ず喜んで頂けるものと確信しております。 これからの高齢化社会に向けて、また施設の安全対策の一環として、 私たちはこの世の中から転倒事故を無くし、「社会の転ばぬ先の杖」となるべく、 SGSをさらに広めてまいりたいと思います。


タイル・石材などの“滑り止め施工”に、画期的な新技術!

石材の床に、もう面倒な滑り止めテープや凸凹加工は必要ありません。 スリップ・ガード・システム施工は、見た目の光沢を損なわずに滑りにくくさせる、まったく新しい滑り止め施工法です。 施工の安全管理などに、どうぞご用命下さい。

対象床材

素材の美観を生かしたまま、御影石など下記の建築材の滑り止めを実現します。
御影石・大理石・磁器タイル・陶器質タイル・セラミックタイル・テラゾータイル・コンクリート・モルタル

簡単施工

新築・改修工事いずれの場合でも平均4~6時間で施工完了。

比べてください、この違い!!

防滑工法名 工法 養生 メンテナンス その他の特徴
SGS施工 液剤塗布・
トリートメント
不要 洗剤・水洗い 汚れがつきにくく、
見た目はそのまま!
ブラスト加工 混合砂高圧噴射 必要 ワックス 汚れやすい
バーナー仕上げ バーナーで表面を焼き、
凹凸をつける
必要 専門業者による
メンテナンス
表面がもろくなる、
表面の色・つや・形が変わる
ノンスリップテープ テープを貼る 必要 貼り変え 汚れやすく不衛生
突っかかりやすい

なぜ「滑り」が起こるのか

通常、床面と足が密着した状態で歩行すればガラスの上でも滑りにくいものです。 しかし、床面と足の間に、水や油分等の別要素が入り込むことにより「滑り」が発生しています。特に浴室やプールサイドと水周り関係の場所では、水垢や温泉成分、体脂肪分等が付着することもあり、さらに滑りやすい状況が作られます。 また、クッション性のある履物が滑りやすいのは、中に入っている空気がすべりの要因になっているのです。


SGSによる滑り止めの原理

通SGS施工は、石材に含まれる軟らかい成分を化学反応で溶かし、直接約7マイクロメートルの穴を床材にあけて滑りにくくする技術です。 穴の数は成人男性の片足一歩分で約6万から10万個になり、床が濡れると、その無数の穴の中に水が入り足底との吸盤力が強まるため、水の移動が抑えられて滑り止め効果が現れます。

足底の吸盤力とは

穴に入った水の表面張力効果を利用してできる力のこと。1つ1つの穴の大きさは小さいが、穴が無数に集まれば大きな力となり、高い滑り止め効果 を生み出します。SGSは、滑りの原因である「水分」を逆に活用し、滑りにくくする画期的な工法です。


美観はそのまま安全に

SGSによって床材にあける穴の大きさは約7マイクロメートル。 これは、ほぼ人間の赤血球と同じ大きさで、スギ花粉のおよそ10分の1。 電子顕微鏡でなければ確認できないくらい小さな穴です。 そのため、床材に凹凸ができることなく美観や質感を最大限に活かしながら、 高い滑り止め効果を得ることができるのです。

施工前後の床材写真[御影石の電子顕微鏡による2000倍拡大写真]


SGSの特徴

長時間、効果が持続

SGSは水に濡れたとき、特に高い滑り止めの効果が発揮されます。 また、床材に直接空けた穴がなくならない限り効果が保たれ、 床材自体の磨耗速度は施工前後で変わらないので、施工後5年以上も効果が持続。 歩行頻度の少ない場所なら、さらに長期間効果が 持続されます。

アフターメンテナンスは簡単

施工後、特別な道具を使用したメンテナンスは一切不要です。ただし、床材の表面に汚れが付着するとSGSの効果が正しく 発揮されないことがあるため、通常の清掃で汚れをしっかり取り除いて下さい。また、施工後にワックス等の処理を施すとSGSの滑り止め効果が失われてしまいます。

中和作業不要

SGSは中性の液剤を使用するため、中和作業が必要ありません。

5年間の施工保証

SGSは施工後に保証書を発行致します。最大で5年間の保証が付き、万が一、施工後に滑りやすくなってきたという場合でも安心です。

施工の様子

施工前洗浄

液剤塗付

仕上げ洗浄